ソフトウェア開発

Redmineは標準でチケットを出力する機能として、CSVもしくはPDFでの出力が可能ですが、その出力形式に新たにXLSX形式を追加できるようになる「Redmine XLSX format issue exporter」をご紹介したい ...

ソフトウェア開発

Redmineが標準で提供している「時間トラッキング」モジュールを使用することで、チケットを軸に工数の記録や集計はできますが、ユーザを軸にした工数管理を行いたい場合、若干使い勝手が悪く感じていました。そこで、ユーザを軸にした工数管理が ...

ソフトウェア開発

Redmineのテーマをユーザによって変更することができるようになる「Redmine Theme Changer Plugin」をご紹介したいと思います。このプラグインを導入すると、同じRedmineでもAさんは「XXX」のテーマ、B ...

プログラミング

Redmineにはデフォルトのテーマの他に「alternate」「classic」というテーマがあらかじめ準備されていますが、自分でカスタマイズしたテーマや他の人が作成したテーマを追加することができます。

今回は新たなテー ...

ソフトウェア開発

Redmineで私が普段使っているテーマをご紹介していきたいと思います。

オススメのテーマA1

ちょっとクールでダークなレイアウトになります。明るい色系が苦手な人には良いかもしれません。

下記サイトから

ソフトウェア開発

Redmineにはあらかじめユーザを管理する機能がありますが、あくまで個人の情報を管理できるだけで、部署や組織に沿った管理をするには若干物足りないと思い、ユーザ管理機能を拡張してくれるプラグインである「Redmine People P ...

ソフトウェア開発

Redmineでチケットを管理していると、人が増えたり、時間が経つにつれ、同じトラッカーでもチケットに記載されている内容がズレていってしまうことがありませんか?

私のプロジェクトでも、人によってバグチケットの書き方などが異 ...

ソフトウェア開発

RedmineにCSVファイルのデータをチケットとして一括で取り込むプラグイン「Redmine Issue Importer」をご紹介したいと思います。

CSVファイルを一括でインポートできるようになることで、チケット作成 ...

ソフトウェア開発

Redmineの「ガントチャート」は列の部分が「月」→「週番号」→「曜日」という形式で表示されます。

「週番号」が表示されても直感的に何月何日なのかがわかりにくいです・・・。

「週番号」の考え方自体あまり馴染み ...

プログラミング

Redmineでプロジェクト管理をしていると、どんどんプロジェクトの数が増えてきてプロジェクト一覧を見ても自分が見たいプロジェクトが探せなくなってきます。自分がアサインしているプロジェクトだけ見れるようにできればいいのになぁ。と思って ...