Docker Moby Logo

[Docker] Docker-Composeで MySQL 環境を構築する

Docker-Compose を使用すると、複数のコンテナを簡単に管理および設定できます。 MySQL のデータベース環境を構築するために、 Docker-Compose を使用する方法について詳しく説明します。以下の手順に従って、 MySQL コンテナを設定し、接続できるようにします。

前提条件

  • Dockerがインストールされていること
  • Docker-Composeがインストールされていること

手順

1. プロジェクトディレクトリの作成

まず、プロジェクト用のディレクトリを作成します。

mkdir mysql_docker_project
cd mysql_docker_project

2. docker-compose.yml ファイルの作成

プロジェクトディレクトリ内に docker-compose.yml ファイルを作成します。このファイルには、 MySQL コンテナの設定を記述します。

version: '3.8'

services:
  db:
    image: mysql:8.0
    container_name: mysql-container
    environment:
      MYSQL_ROOT_PASSWORD: rootpassword
      MYSQL_DATABASE: example_db
      MYSQL_USER: example_user
      MYSQL_PASSWORD: example_password
    ports:
      - "3306:3306"
    volumes:
      - db_data:/var/lib/mysql

volumes:
  db_data:

この設定では、以下の内容を指定しています。

  • image: 使用する MySQL のバージョンを指定(ここでは MySQL 8.0)。
  • container_name: コンテナの名前を指定。
  • environment: 環境変数を設定。デフォルトのrootパスワード、データベース名、ユーザー名、パスワードを指定。
  • ports: ホストマシンのポート3306をコンテナのポート3306にマッピング。
  • volumes: MySQL のデータを永続化するためのボリュームを設定。

3. コンテナの起動

設定ファイルが完成したら、以下のコマンドを実行してコンテナを起動します。

docker-compose up -d

-dオプションを使用することで、コンテナがデタッチドモード(バックグラウンド)で起動します。

4. MySQL コンテナへの接続

コンテナが正常に起動したら、以下のコマンドを実行して MySQL コンテナに接続します。

docker exec -it mysql-container mysql -u example_user -p

example_userexample_passwordは、docker-compose.ymlファイルで指定したユーザー名とパスワードです。

5. データベースの操作

接続に成功したら、 MySQL のコマンドラインからデータベースを操作できます。たとえば、example_dbという名前のデータベースに接続するには、以下のコマンドを実行します。

USE example_db;

まとめ

この記事では、 Docker-Compose を使用して MySQL のデータベース環境を構築する手順を説明しました。以下の主要なステップを踏むことで、簡単に MySQL 環境をセットアップし、使用することができます。

  1. プロジェクトディレクトリの作成
  2. docker-compose.ymlファイルの作成
  3. コンテナの起動
  4. MySQLコンテナへの接続
  5. データベースの操作

この手順を参考にすることで、効率的に MySQL 環境を構築し、開発を進めることができます。 Docker-Compose を使用することで、複数のコンテナを一括管理でき、設定や起動も非常に簡単です。これを機に、他のサービスとも連携させた複雑な環境構築にも挑戦してみてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です