プログラミング

[TypeScript]指定した少数点以下の桁数で数値を四捨五入する

プログラミング
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

指定した小数点以下の桁数で数値を四捨五入する方法を説明します。

スポンサーリンク

toFixed()関数

小数点以下の桁数で数値を四捨五入するにはtoFixed()関数を使用します。

参考サイト↓↓↓

Number.prototype.toFixed()
toFixed() メソッドは、数を固定小数点表記を用いて整形します。

実装サンプル

下記のように実装します。

var num = 12.3456789;

console.log(num.toFixed());
// > "12"

console.log( num.toFixed(1) );
// > "12.3"

console.log( num.toFixed(2) );
// > "12.35"

console.log( num.toFixed(3) );
// > "12.346"

console.log( num.toFixed(4) );
// > "12.3457"

toFixed()関数の引数を省略すると引数0として扱われ、小数第一位で四捨五入した数値を返します。

また、toFixed()関数の戻り値は「文字列」として返却されます。

最後に

toFixed()関数を使用することでround()関数などを使用して四捨五入するよりコードをすっきり実装することができるので、toFixed()関数の実装方法をしっかりおさえておきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
KoEをフォローする
CodeLab

コメント

タイトルとURLをコピーしました