[Mac]拡張子.gzのファイルをgzipコマンドで解凍する

拡張子が.gzのファイルの解凍方法のメモです。

ファイルの解凍

下記コマンドを実行してファイルを解凍します。

gzip -d filename.gz

gzipコマンドで「-dオプション」を指定してファイルを解凍します。

それかこのやり方でも解凍できます。

gunzip filename.gz

gzipコマンドとは

https://ja.wikipedia.org/wiki/Gzip

データ圧縮プログラムのひとつです。「ジー・ジップ」と読みます。

コマンドオプションについて

主なオプションも書いておくので参考にしてみてください。

オプション オプション(短縮) 説明
-1~-9 -1~-9 圧縮レベルの指定(「-1」が低圧縮率で高速、「-9」は高圧縮率だが低速)
--stdout,--to-stdout -c 結果をファイルではなく標準出力へ出力する。
--decompress,--uncompress -d 伸張を行う(解凍)
--force -f ファイル出力時に上書きする
--keep -k 圧縮・伸張前のファイルを残す
--list -l 圧縮率と圧縮前のファイルサイズを表示
--name -N ファイル名とタイムスタンプを保持
--no-name -n ファイル名とタイムスタンプを保持しない
--quiet -q エラーメッセージなど非表示
--recursive -r ディレクトリを再帰的に処理する
--suffix 拡張子 -S 拡張子 圧縮ファイルの拡張子を指定(デフォルトは「.gz」)
--test -t 圧縮ファイルをテストする
--verbose -v 処理内容表示

最後に

普段利用しないファイルの圧縮形式だと、解凍の仕方が分からなくて毎回調べながら作業しないといけないのはかなりめんどくさいので、今回の内容くらいはきちんと覚えておきたいですね。

自分はこの圧縮形式を利用しなくてもお客さんが利用していることもありますしね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です