プログラミング

[TypeScript]配列の要素の合計値を計算する

プログラミング
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

TypeScriptで配列の要素の合計値を計算する方法をメモしておきます。

合計値の計算には「reduce」を使用します。

スポンサーリンク

実装方法

実装方法をメモしておきます。

const data = [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10];

const result = data.reduce(function(a, x){return a + x;});

console.log(result);

// > 55

初期値を明示することもできます。

const result = data.reduce(function(a, x){return a + x;}, 0);

連想配列の要素の合計値を算出する方法

ちなみに連想配列の合計も算出することができます。

const data = [
  {num: 1}, {num: 2}, {num: 3}, {num: 4}, {num: 5},
  {num: 6}, {num: 7}, {num: 8}, {num: 9}, {num: 10},
];

const result = data.reduce(function(a, x){return a + x.num;}, 0);

console.log(result);

// > 55

最後に

reduceを使用することでfor文を回してその中で足し算する処理を実装する必要がなくなり、処理の見通しがよくなりコード量も削減できると思うのでreduceを有効活用していきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
KoEをフォローする
CodeLab

コメント

タイトルとURLをコピーしました