[SwiftUI]iOSシミュレーターで動画を撮影する方法

SwiftUIでの開発中にiOSシミューレーターで動画を撮影することがあったので、その方法を説明していきます。

前提条件

Xcode 11.4を使用しています。

iOSシミュレーターの起動

あらかじめiOSシミュレーターは起動しておきましょう。

動画撮影コマンド実行

下記コマンドを実行します。

xcrun simctl io booted recordVideo sample.mov

シミュレーターを操作

コマンド実行した状態でシミュレーターを操作します。

動画撮影終了

実行中の動画撮影コマンドを「control + C」で終了します。

最後に

iOSシミュレーターでスクリーンショットはメニューから撮影することができるんですが、動画はこのようにコマンド実行によって撮影することができます。動作検証だったり、他の人との共有のために動画の方が分かりやすい場合もあるので、積極的に活用していきたいですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です