Redmineにプラグインをインストールする

2017年5月10日

開発でRedmine 2.xを利用していますが、プラグインをインストールする際に利用するコマンドをいつも忘れてしまうので、インストールの際の手順も含めてメモしておきます。

環境

  • OS:CentOS 6.x
  • Redmine:2.x

プラグインを配置する

プラグインを利用するにはRedmineのプロジェクトのpluginsディレクトリに利用したいプラグインを配置する必要があります。

zipファイルを展開するなり、Git cloneでソースを取得するなりしたものをpluginsディレクトリに配置していきます。

$ cd /path/to/redmine/plugins

# このディレクトリの中でgit cloneしたり、ダウンロードしたプラグインを配置する

ほとんどのプラグインはReadmeのところにインストール方法が書かれているので、そこは必ず確認するようにしましょう。たまにgit cloneする際にディレクトリをリネームしないといけないプラグインとかがありますので。

プラグインをインストールする

下記のコマンドを実行しプラグインをRedmineにインストールします。

$ /path/to/redmine

$ bundle exec rake redmine:plugins:migrate RAILS_ENV=production

プラグインが有効になっているか確認する

もしインストールしたはずのプラグインが画面上に見つからない場合は下記のサイトに記載されている内容を確認してみてください。

プラグインをアンインストールする

プラグインを使わなくなり、アンインストールすることがあると思いますが、その際は下記のコマンドを実行してRedmineからプラグインをアンインストールします。

$ /path/to/redmine

$ bundle exec rake redmine:plugins:migrate NAME=plugin_name VERSION=0 RAILS_ENV=production

最後に

これでRedmineにプラグインをインストールすることができるようになりました。

Redmineにはたくさんのプラグインが準備されていますので、自分の環境にあったプラグインを選んでもらえればと思います。