ソフトウェア開発 プログラミング

[Python]画像処理ライブラリPillow(PIL)をインストールする

ソフトウェア開発
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

Pythonで画像処理を行う機会があったので、その時に利用した画像処理ライブラリ「Pillow」のインストール方法を説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

前提条件

今回、Pillowをインストールした環境は下記の通りです。

  • Python:3.6.2

Pillowとは

Python Pillow
Pillow: the friendly PIL fork

PILの後継として開発が進められた画像処理ライブラリです。

ドキュメントも充実しているので、利用するハードルは低いと思います。

Pillow — Pillow (PIL Fork) 7.1.2 documentation

Pillowインストール

下記のコマンドを実行してPillowをインストールします。

pip install Pillow

インストールされたかどうかは下記のコマンドで確認できます。

$ pip list
Package                Version
---------------------- -------
...
Pillow                 7.1.2  
...

Pillowを実際に利用してみる

画像ファイルを開く

from PIL import Image

img = Image.open('image.png')

画像を回転する

from PIL import Image

img = Image.open('image.png')

image_rotate = img.rotate(90)

rotateに正の数を指定すると左回転し、負の数を指定すると右回転します。

画像をサムネイルにする

from PIL import Image

img = Image.open('image.png')

img_thumbnail = img.thumbnail((128, 128))

画像を保存する

from PIL import Image

img = Image.open('image.png')

img.save('new_image.png')

画像を上書きしたい場合は、save()実行時に引数を指定しなければ画像が上書きされます。

最後に

機械学習や各種SNSなど画像を取り扱っているシステムは数多くあり、そういったシステムを開発したり連動する場合に画像の処理を実装する必要もあるかもしれないので、画像処理の基本的な操作方法はマスターしておきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
KoEをフォローする
CodeLab

コメント

タイトルとURLをコピーしました