ソフトウェア開発プログラミング

[Django]Gmailのメールアドレスからメールを送信できるようにする

ソフトウェア開発
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

settings.pyの「ADMINS」へエラー時のメールを送る際に「Gmail」のメールアドレスからにメールを送る必要があったので、DjangoGmailのメールアドレスからメールを送信する際の設定をまとめておきます。

スポンサーリンク

前提条件

  • Python:3.9.1
  • Django:3.2.3

ADMINSの設定

settings.pyの「ADMINS」を設定します。ここに記載されているメールアドレスにDjangoのエラー情報が送信されます。

ADMINS = [('メールを受け取る人の名前', 'mail@mail.com')]

SERVER_EMAIL(送信元アドレスの設定)

settings.pyに送信元アドレス「SERVER_EMAIL」を設定します。

SERVER_EMAIL = 'mail@mail.com'

Gmailを使ってメールが送れるようにGmailに設定する

  1. ChromeでGmailにログインします。
  2. 自分のアイコンをクリックして「Google アカウントの管理」をクリックします。
  3. 画面左側のメニューから「セキュリティ」を選択します。
  4. 「Googleへのログイン」の「2段階認証プロセス」を画面の指示に従い有効にします。
  5. セキュリティのページの「Googleへのログイン」の「アプリ パスワード」を選択します。
  6. 「デバイスを選択」から「その他」を選択して名前を入力します。
  7. 「生成」ボタンをクリックすると「お使いのデバイスのアプリ パスワード」が生成されるのでそのパスワードをメモしておきます。

Eメール設定

setting.pyに下記の設定を追加します。

EMAIL_HOST = 'smtp.gmail.com'
EMAIL_PORT = 587
EMAIL_HOST_USER = 'パスワード生成時に使用したGmailのメールアドレス'
EMAIL_HOST_PASSWORD = 'Googleで生成したパスワード'
EMAIL_USE_TLS = True

これで、DjangoDebug=Falseの時にエラーが発生したら「ADMINS」宛にGmailでメールが送信されるようになりました!!

最後に

Gmailを利用してDjangoでメールを送るにはGmail側のセキュリティの設定をしないといけないので、単純にDjangoで設定すれば良いというわけではなかったので、設定完了まで少し時間がかかってしまいました。これからもこの設定はよく使うと思うので、設定方法をしっかりおさえておきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
KoEをフォローする
CodeLab

コメント

タイトルとURLをコピーしました