プログラミング

【初心者・入門者向け】Pythonを実際に動かしながら勉強できるおすすめサイト3選

プログラミング
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

最近、機械学習などの分野の動きが活発になるにつれて、日本でもPythonに対する需要が高まってきているように感じます。数年前まではPythonについて勉強するための日本語サイトはあまり充実していなかったので、よく英語のサイトを翻訳しながら勉強してました。

プログラミングの勉強をするときに、インターネットで学習サイトを検索しても、どれが使いやすいのか、そもそも何を基準に学習サイトを選べば良いかわからない。という方もいると思います。

今回は、実際にプログラミングしたものを、実際に動かしながら勉強することができる学習サイトの中でも、特におすすめする3つのサイトをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

プログラミングの学習方法に迷ったら

いざプログラミングの勉強を始めようとしても、初心者の方であれば、「何を参考にすれば良いのか?」「どのように勉強すれば良いのか?」という問題に直面すると思います。

そんな時は、プログラミングを学習するための第一段階として、以下に挙げる項目を参考にしてもらえればと思います。

目的を明確にすることで、どのように学習を進めれば良いのかが分かってくると思います。

目的意識を持つ

プログラミング学習に一番必要なことは、プログラミングを習得して「何がしたいのか?」「何を作りたいのか?」という目的意識を持ち続けることです。目的意識を持たないままに学習を進めても学習範囲が曖昧な状態になり、何もかも中途半端な状態になりかねません。

自分がやりたいことが明確になっていれば、問題に直面しても乗り越えていくことができると思います。

目的意識を持ち続けるために、プログラミングを学習するためのメリットを考えてみるのも良いと思います。

  • 論理的思考力(ロジカルシンキング)や問題解決(ソリューション)能力が身に付く
  • 現在、就職・転職市場では、プログラマは売り手市場であり、収入アップが期待できる
  • 新しいサービスや仕組みを開発することで、世界に影響を与えたり、社会に貢献することができる

このように、自分の将来像や作りたいサービスを想像することで、高いモチベーションを維持して、学習を続けることを心がけましょう。

なぜPython??

私は、初心者の方や新しいプログラミング言語を勉強しようとしている人から、どのプログラミング言語を勉強すれば良いか聞かれた時は必ず「Python!!!」と言っています。

私自身がよく使っているプログラミング言語であることもあるのですが、それ以外にも下記の理由があります。

  • アメリカの大学ではプログラミングの入門としてPythonが使われることが多い
  • 構文自体が単純で覚えることが少ない
  • 誰がプログラミングしても、だいたい同じ実装方法になる
  • 機械学習でよく使われている
  • ライブラリが充実している
  • Webアプリもネイティブアプリも開発できる

プログラミングの効率的な学習方法

プログラミングを学習するなら、なるべく効率良く学習していきたいですよね?

そこで、オススメのプログラミングの学習方法を記載しておきますので、良かったら参考にしてみてください。

他人のコードを真似してみる(写経)

既に完成している他の人のサービスのコードを真似することで、プログラムの構文などを身に付けることができます。コードにはいくつものお決まりパターンの実装方法(定型文)があるので、真似(写経)することで実践的な応用力を養うことができます。

GitHubなどのサイトで自分のやりたいことに合ったソースコードを見つけてみるのが良いと思います。

GitHub: Where the world builds software
GitHub is where over 65 million developers shape the future of software, together. Contribute to the open source community, manage your Git repositories, review...

他人と情報を共有する

身近にプログラミングに詳しい人がいればその人に聞くのがベストですが、インターネットの掲示板などで新しい知識や情報を得ることもできます。

以下のサイトをのぞいてみてはいかがでしょう。

teratail【テラテイル】|ITエンジニア特化型Q&Aサイト
teratail(テラテイル)はプログラミングに特化したQ&Aサイトです。実現したい機能や作業中に発生したエラーについて質問すると、他のエンジニアから回答を得られます。
スタック・オーバーフロー
熱狂的でプロフェッショナルなプログラマーのためのQ&A

実際にアプリやWebサービスを開発してみる

書籍や机上で理解することも大切ですが、実際にアプリやWebサービスを開発してみると、書籍や机上では発生しなかった問題が発生するので、そういった問題に対処していくことで、より実践的な学習を進めることができます。簡単なもので良いので、まずは実際にアプリやWebアプリケーションを開発してみましょう。

無料で始めるプログラミング学習サイト

初心者にもっともオススメな「Progate」

Progate(プロゲート) | Learn to code, learn to be creative.
Progateはオンラインでプログラミングを学べるサービスです。プログラミングを学んでWEBアプリケーションを作ろう。

初心者の方にもっともオススメしたいのがこの「Progate」という学習サイトです。イラスト中心のスライドで学習でき、すぐにプログラミングで学習した内容を試すこともできるので、非常に効率よくプログラミングを学習できます!

プログラミングは全てブラウザ上で書いて行くので、煩わしい環境構築などの必要がありません。書いたプログラムもすぐに結果を確認することができます。

初心者の方にとっては、環境構築が結構なハードルなので、それがないだけでも非常にありがたいと思います。

海外で有名な「codecademy」

Learn to Code - for Free | Codecademy
Learn the technical skills to get the job you want. Join over 50 million people choosing Codecademy to start a new career (or advance in their current one).

全て英語のサイトになりますが、そんなに難しい英語ではないので、Google翻訳などを使えば、問題なく学習を進められると思います。

こちらのサイトもプログラミングは全てブラウザ上で書いて、すぐに実行して結果を確認することができます。

実際に手を動かしながら、基礎的な問題から応用的な問題まで学習することができるので、本格的に学習したい方にオススメです。

いろんなレベルの問題に挑戦できる「paiza」

ITエンジニア向け転職・就活・学習サービス【paiza】
ITエンジニア・プログラマ専門の総合求職・学習サイト【paiza(パイザ)】。プログラミングスキルチェックで実力を可視化し、スキルがあると認められれば企業からスカウトが届くなど転職が有利に。学歴や職歴ではなく「技術がある人」が評価されるサービスです。

プログラミングの解説を動画で見ることができます。動画を見ながらブラウザ上で実際にコードを書くことができるので、こちらも環境構築などは不要です。

paiza」は転職サイトでもあるので、スキルチェックの問題を解いていくことで、サイト内でのランクアップができ、エンジニア職への転職のサポートも行ってくれます。自分が頑張って勉強したことを、転職の際にしっかりアピールすることができるので、非常に魅力的なサービスだと思います。

最後に

Pythonを学習するのにオススメのサイトを3つご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

今回紹介したサイトは初心者の方やプログラミング入門する方にとっても、簡単に試すことができて、学習しやすいものばかりだと思います。

プログラミングは諦めずに学習を続けることが大事なので、今回紹介したサイトなどを活用して、プログラミングのスキルアップに努めてもらえたらと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
KoEをフォローする
CodeLab

コメント

タイトルとURLをコピーしました