[npm]パッケージをバージョン指定してインストールする方法

npmでパッケージをインストールする際、バージョンの指定をしない場合には最新版のパッケージがインストールされますが、これでは依存関係があるパッケージをインストールする必要があるときにそれぞれのパッケージのバージョンを揃えることができないことがあります。

今回はnpmでパッケージをインストールする時にバージョン指定してパッケージをインストールする方法を説明します。

通常のインストール

通常のインストールでは最新版のパッケージがインストールされます。

npm install package_name

package_name」はインストールするパッケージ名に置き替えてください。

バージョン指定のインストール

バージョン指定する際にはパッケージ名の後ろに「@バージョン」をつけてインストールを行います。

npm install package_name@version

package_name」「version」はインストールするパッケージ名、バージョンに置き替えてください。

最後に

プロジェクトの初期の頃は同じタイミングでパッケージをインストールするので、あまり依存関係など意識せずとも問題ありませんが、開発の終盤などに新規にパッケージを追加する場合などに、プロジェクトの初期段階でインストールしていたパッケージとの依存関係を考慮して、特定のバージョンをインストールする必要が出てくることもあります。バージョン指定してのパッケージのインストール方法はしっかり覚えておきたいですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です