Scrum Sprintのタスクに関するTips30

2017年5月9日

アジャイル開発の1つ、「Scrum」におけるスプリントのタスクに関するTipsがまとめられてるサイトを見つけました。

英語のサイトですが、タイトルだけ頑張って翻訳してみました。
詳細は上記サイトの方で確認してください。

Scrumで開発をするのであれば、一度は見ておいた方が良いと思います。

  1. 誠実で正確な見積が評価される環境を作る。
  2. タスクを見積もるために時間を使わないことを推奨します。
  3. タスクは、1日(8時間)以下の「適切なサイズ」にすることを推奨します。
  4. より小さなタスクにすることを強く推奨します。
  5. あきらめてはいけない!
  6. 1日の内で本当に作業可能な時間は5〜6時間であることを認識すること。
  7. 作業量を見積もるのであって、期間を見積もるのではない。
  8. できるだけ「アトミック」な単位で作業を作成します。
  9. 2日以上作業が進行中のままになりそうなタスクは作成しないようにしましょう。
  10. チームとして、正しいサイズの作業を見積りましょう。
  11. スプリントの途中でもタスクの見直しを完全に許容する。
  12. チームは完全にすべてのタスクを理解していることを確認してください。
  13. 「想定上の平均的な開発者」のスキルを基に見積もる。
  14. タスクの割当のタイミングを引き延ばす。
  15. タスクのステータスは「TODO」「IN PROGRESS」「DONE」の3つだけにしましょう。
  16. これまでの実績を追跡しないでください。
  17. あなたのタスクについて「振り返り」「点検」し「適応」すること。
  18. バーンダウンチャートを利用しましょう。
  19. バーンダウンチャートにトレンドラインを引くことを強く推奨します。
  20. タスクの再見積もりをする時があります。
  21. スプリントのバックログにプロダクトオーナーのタスクを入れないでください。
  22. デイリースクラム以外のすべてのスクラムでのミーティングをタスクとすることを検討してください。
  23. 会議のためのタスクを作成することを恐れてはいけません。
  24. タスクの管理はソフトウェアよりも付箋紙で行うことを強く推奨します。
  25. 付箋紙にタスクにサインアップしたことを記入することを強く推奨します。
  26. あなたのタスクの付箋でイノベートしよう。
  27. タスクの状況は常にすぐアップデートすべきである。
  28. 振り返りで出たアクションの項目のためのタスクを作成することをよく検討しよう。
  29. PBIのためにタスクを作成することが難しい時は、次回のために「スパイクタスク」について検証しよう。
  30. 「振り返り」「検査」し、「適応」することを確認すること!