ソフトウェア開発プログラミング

[Rust]Amazon Linux(EC2) + Rocket + NginxでWebアプリケーションを公開する

ソフトウェア開発
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

RustWebアプリケーションフレームワークのRocketで作成したHello, world!のプロジェクトをAWSEC2上でNginxを使用して公開する手順を説明していきたいと思います。

今回は「Hello, world!」を表示するだけのプロジェクトですが、実際に開発されたプロジェクトでも同じ手順で公開できると思います。

スポンサーリンク

前提条件

  • EC2:Amazon Linux release 2
  • rustup:1.24.3
  • Rust:1.61.0-nightly
  • Nginx:1.20.0

今回はHTTPでの通信だけ行うので、80番ポートを解放しておく必要があります。

Nginxインストール

まずはWebサーバなのでNginxをインストールします。今回はEC2でのNginxのインストールなのでyumは使用せず、amazon-linux-extrasを使用してインストールします。

# amazon-linux-extrasがあるか確認する
$ which amazon-linux-extras

# Nginxがパッケージとして存在するか確認
$ amazon-linux-extras

上記のコマンドを実行し、nginx1がリストに存在していればamazon-linux-extrasからNginxをインストールできます。

$ sudo amazon-linux-extras install nginx1

インストール完了したらNginxの設定ファイルをバックアップしておきます。

$ sudo cp -a /etc/nginx/nginx.conf /etc/nginx/nginx.conf.back

Nginxを起動します。

$ sudo systemctl start nginx

再起動時に自動でNginxが起動するようにしておきます。

$ sudo systemctl enable nginx

下記のコマンドでNginxのステータスを確認することができます。

$ sudo systemctl status nginx

Rustインストール

Rustのインストール方法は詳しくは下記の記事を参考にしてください。

[Rust]MacでRustをインストールする

簡単にコマンドだけ書いておきます。

$ curl --proto '=https' --tlsv1.2 -sSf https://sh.rustup.rs | sh
$ source $HOME/.cargo/env
$ rustup install stable

rustupRustのバージョンは下記のコマンドで確認できます。

$ rustup --version
rustup 1.24.3 (ce5817a94 2021-05-31)
$ rustc --version
rustc 1.59.0 (9d1b2106e 2022-02-23)

Hello World!プロジェクトを作成する

/home/ec2-userディレクトリで新規にRocketのプロジェクトを作成します。

プロジェクトの作成方法については下記を参考にしてください。

[Rust]Rocketを使ってみる

プロジェクトのビルド時に「error: linker cc not found」というエラーが出るかもしれませんが、その場合、gccコンパイラがインストールされていないので、yumコマンドを使用してgccをインストールします。

$ sudo yum install -y gcc

ビルド時は下記のコマンドを実行することでリリース版としてビルドできます。

$ cargo run --release

nginx.confを編集する

Nginxで今回作成したプロジェクトが表示できるようにnginx.confを編集します。今回の設定では、ブラウザからこのサーバにアクセスがあった場合、Nginxがプロキシーサーバーとして動作し、Nginxを経由してEC2の中にあるhttp://localhost:8000へアクセスさせる仕組みとなっています。

編集したnginx.confの全文を載せておきます。

nginx.conf

# For more information on configuration, see:
#   * Official English Documentation: http://nginx.org/en/docs/
#   * Official Russian Documentation: http://nginx.org/ru/docs/

user nginx;
worker_processes auto;
error_log /var/log/nginx/error.log;
pid /run/nginx.pid;

# Load dynamic modules. See /usr/share/doc/nginx/README.dynamic.
include /usr/share/nginx/modules/*.conf;

events {
    worker_connections 1024;
}

http {
    log_format  main  '$remote_addr - $remote_user [$time_local] "$request" '
                      '$status $body_bytes_sent "$http_referer" '
                      '"$http_user_agent" "$http_x_forwarded_for"';

    access_log  /var/log/nginx/access.log  main;

    sendfile            on;
    tcp_nopush          on;
    tcp_nodelay         on;
    keepalive_timeout   65;
    types_hash_max_size 4096;

    include             /etc/nginx/mime.types;
    default_type        application/octet-stream;

    # Load modular configuration files from the /etc/nginx/conf.d directory.
    # See http://nginx.org/en/docs/ngx_core_module.html#include
    # for more information.
    include /etc/nginx/conf.d/*.conf;

    server {
        listen       80;
        listen       [::]:80;
        #server_name  _;
        #root         /usr/share/nginx/html;

        # Load configuration files for the default server block.
        include /etc/nginx/default.d/*.conf;

        error_page 404 /404.html;
        location = /404.html {
        }

        error_page 500 502 503 504 /50x.html;
        location = /50x.html {
        }

        location / {
            proxy_pass http://localhost:8000;
            proxy_http_version 1.1;
            proxy_set_header Upgrade $http_upgrade;
            proxy_set_header Connection keep-alive;
            proxy_set_header Host $host;
            proxy_cache_bypass $http_upgrade;
        }
    }

# Settings for a TLS enabled server.
#
#    server {
#        listen       443 ssl http2;
#        listen       [::]:443 ssl http2;
#        server_name  _;
#        root         /usr/share/nginx/html;
#
#        ssl_certificate "/etc/pki/nginx/server.crt";
#        ssl_certificate_key "/etc/pki/nginx/private/server.key";
#        ssl_session_cache shared:SSL:1m;
#        ssl_session_timeout  10m;
#        ssl_ciphers PROFILE=SYSTEM;
#        ssl_prefer_server_ciphers on;
#
#        # Load configuration files for the default server block.
#        include /etc/nginx/default.d/*.conf;
#
#        error_page 404 /404.html;
#            location = /40x.html {
#        }
#
#        error_page 500 502 503 504 /50x.html;
#            location = /50x.html {
#        }
#    }

}

動作確認

Nginxを再起動します。

$ sudo systemctl restart nginx

Rocketのプロジェクトをビルドします。

$ cargo run --release

🔧 Configured for production.
    => address: 0.0.0.0
    => port: 8000
    => log: critical
    => workers: 2
    => secret key: generated
    => limits: forms = 32KiB
    => keep-alive: 5s
    => read timeout: 5s
    => write timeout: 5s
    => tls: disabled
Warning: environment is 'production', but no `secret_key` is configured
🚀 Rocket has launched from http://0.0.0.0:8000

この状態でEC2インスタンスのパブリック IPv4 アドレスへブラウザからアクセスしてみます。

ブラウザから動作確認することができました!

最後に

NginxRocketのプロジェクトを公開することができました。あとはHTTPS化したり、AWSRDSと繋いでDBと接続してみたりと色々確認しないといけないこともありますが、なんとか実際の業務にも使えそうな気がします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
KoEをフォローする
CodeLab

コメント

タイトルとURLをコピーしました