[Rust]MacでRustをインストールする

Rustを使用したWebアプリケーションフレームワークを使いたかったので、RustMacにインストールしてみました。

今回はMacRustをインストールしたときの手順を説明していきたいと思います。

前提条件

  • iMac macOS Big Sur:11.5.2
  • rustup:1.24.3
  • Rust:1.59.0

rustupをダウンロードする

rustupとはRustプロジェクトが公式に提供しているインストーラーです。 rustup コマンドでRustのコンパイルに必要なツールチェーンやクロスコンパイル環境を構築できるようになります。

https://rustup.rs/

rustupをダウンロードするには下記のコマンドを実行します。

curl --proto '=https' --tlsv1.2 -sSf https://sh.rustup.rs | sh

こちらのコマンドはrustupの本家サイトに表示されているコマンドとなります。実行環境によってはコマンドの内容が変化するみたいです。

コマンド実行すると以下の選択肢が表示されます。

1) Proceed with installation (default)
2) Customize installation
3) Cancel installation

今回は「1)」のデフォルトでrustupをダウンロードします。

ダウンロードできたか確認してみます。

$ rustup --version
rustup 1.24.3 (ce5817a94 2021-05-31)

このようにバージョンが確認できたらダウンロード成功です。

ツールチェーンをインストールする

Rustを使用するためにはツールチェーンをインストールする必要があります。ツールチェーンには以下の3種類の配布用チャネルが用意されています。

  • stable: 安定リリース版
  • beta: 次期バージョンに向けたベータ版
  • nightly: 開発版

今回は安定リリース版の「stable」でツールチェーンをインストールします。

$ rustup install stable

rustcコマンドが使えるようになっていたらインストール成功です。

$ rustc --version
rustc 1.59.0 (9d1b2106e 2022-02-23)

Hello World!してみる

Rustを動かせるようになってので試しに「Hello World!」を表示してみたいと思います。

プロジェクト新規作成

cargo newコマンドでプロジェクトを新規作成します。

$ cargo new --bin hello-world-rust
     Created binary (application) `hello-world-rust` package

作成されたプロジェクトのソースコードを確認してみます。

$ cd hello-world-rust/src

$ vim main.rs
fn main() {
    println!("Hello, world!");

ソースコード確認すると「Hello, world!」を表示するプログラムが既に実装済みでした。

動作確認

cargo runコマンドで動作確認してみます。デフォルトではデバッグ用ビルドになるので、--release オプションを指定してリリース用ビルドにします。

$ cargo run --release
   Compiling hello-world-rust v0.1.0 (/Users/koichiezato/Projects/hello-world-rust)
    Finished release [optimized] target(s) in 11.31s
     Running `/Users/koichiezato/Projects/hello-world-rust/target/release/hello-world-rust`
Hello, world!

無事、「Hello, world!」が表示されました!!

最後に

今回はRustのインストール方法について説明してきました。無事インストールできて「Hello, world!」を表示させることができました。cargoコマンドを利用してプロジェクトの作成やビルドなどを行うので、cargoコマンドの使い方もしっかり覚えていきたいですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。