(Python)配列(リスト)に要素を追加・結合する

Pythonで配列(リスト)に要素を追加・結合する方法を覚えてなくて何回も調べたりしちゃってたので、また調べないでいいように、配列の操作方法を(追加・結合)まとめました。

Pythonの配列(リスト)への要素の追加・結合の方法をまとめてます。

配列(リスト)の先頭に要素を追加する

リストの先頭に要素を追加します。「insert」を利用します。第一引数にはインデックスを指定すれば良いので、先頭に追加する場合は「0」を設定します。第二引数には追加したい要素の値を設定します。

list = [2, 3, 4]
list.insert(0, 1)

print(list)
# [1, 2, 3, 4]

配列(リスト)の末尾に要素を追加する

append」を使うとリストの最後に要素を追加してくれます。引数には追加したい要素の値を設定します。

list = [1, 2, 3, 4]
list.append(5)

print(list)
# [1, 2, 3, 4, 5]

配列(リスト)の任意の位置に要素を追加する

insert」を使って第一引数に追加したい位置のインデックスを指定します。指定したインデックスの直前に要素が追加されます。

list = [1, 2, 4, 5]
list.insert(2, 3)

print(list)
# [1, 2, 3, 4, 5]

配列(リスト)の任意の位置に複数の要素を追加する

配列にコロンを指定することで複数の要素を追加することができます。コロンの一つ目に追加したい位置のインデックスの先頭、二つ目に追加したいインデックスの末尾を指定します。コロンの二つ目を0以外に指定すると今ある要素が追加する要素で置き換えられます。

# 複数の要素を追加
list = [1, 2, 3, 4]
list[1:0] = [9, 9]

print(list)
# [1, 9, 9, 2, 3, 4]

# 要素を置き換えながら要素を追加
list = [1, 2, 3, 4]
list[1:3] = [9, 9, 9]

print(list)
# [1, 9, 9, 9, 4]

配列(リスト)を結合する

extend」を使うとリストの結合ができます。

list1 = [1, 2]
list2 = [3, 4]

list1.extend(list2)

print(list1)
# [1, 2, 3, 4]
print(list2)
# [3, 4]

配列(リスト)を連結する

複数のリストを連結して新しいリストを生成することができます。「+演算子」を使用します。

list1 = [1, 2]
list2 = [3, 4]

list3 = list1 + list2

print(list1)
# [1, 2]
print(list2)
# [3, 4]
print(list3)
# [1, 2, 3, 4]

複数の要素の値を繰り返すリストを生成する

*演算子」を使用することで、複数の要素の値の繰り返しのリストを生成することができます。

list1 = [1, 2]
list2 = list1 * 4

print(list1)
# [1, 2]
print(list2)
# [1, 2, 1, 2, 1, 2, 1, 2]

最後に

プログラミングをしていると配列操作を行うことが多いと思いますが、どうしてもやり方を忘れたりして何回も調べたりしてしまっていたので、今回配列(リスト)の追加・結合方法をいくつかまとめてみました。配列操作の方法を覚えてると冗長な処理を書かなくて良くなったりするので、きちんと実装方法をおさえておきたいですね。