ソフトウェア開発 プログラミング

[CakePHP]DebugKitプラグインの導入方法

ソフトウェア開発
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

CakePHPの開発時に利用する「DebugKit」の導入方法を説明していきます。

今回はGitのサブモジュールの機能を利用してDebugKitを導入していきます。

スポンサーリンク

前提条件

今回利用した環境は下記の通りです。

  • git:2.24.2
  • PHP:7.1.6
  • CakePHP:2.8.5

.gitmodulesファイル作成

.git」があるディレクトリ上に「.gitmodules」というファイルを作成します。

.gitmodules

[submodule "DebugKit"]
    path = app/Plugin/DebugKit
    url = https://github.com/cakephp/debug_kit.git

git submoduleの実行

下記のコマンドを実行し、サブモジュールとして「DebugKit」をクローンします。

$ git submodule update --init --recursive

Submodule 'DebugKit' (https://github.com/cakephp/debug_kit.git) registered for path 'app/Plugin/DebugKit'
Cloning into '/Applications/MAMP/htdocs/ipos_customer/app/Plugin/DebugKit'...
Submodule path 'app/Plugin/DebugKit': checked out '49afa821703da5af536051cabd5dbaa5d21a1eca'

サブモジュールの状態確認

サブモジュールが正常にクローンされていれば、下記のコマンドを実行してサブモジュールのステータスを確認できます。

$ git submodule status
 49afa821703da5af536051cabd5dbaa5d21a1eca app/Plugin/DebugKit (2.2.1)

最後に

DebugKitCakePHPの開発時に必ず利用するプラグインなので、導入方法はきちんと覚えておきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
KoEをフォローする
CodeLab

コメント

タイトルとURLをコピーしました