ソフトウェア開発

[AWS]EC2(Amazon Linux)にMySQL5.7をインストールする

ソフトウェア開発
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

AWSEC-2(Amazon Linux)にMysql5.7をインストールする方法を説明します。

スポンサーリンク

前提条件

  • EC2sshで接続できていること

MySQLのインストール

mysqlのTopicを検索する

amazon-linux-extrasMySQLをインストールできるか確認します。

$ amazon-linux-extras list
$ amazon-linux-extras info mysql
Topic mysql is not found.

amazon-linux-extrasmysqlTopicを検索してみても見つからないので、MySQL公式のyumリポジトリを追加してインストールします。

mysqlをインストールする際、mariadbと入れ替えが行われるので、mariadbを削除する必要はありません。

MySQL5.7のインストール

MySQL公式のyumリポジトリを追加してmysql5.7をインストールします。

まず、インストール前にmariadbがインストールされているか確認します。

mysqlがインストールされていないかも確認します。

#mariadbがインストールされているか確認
$ yum list installed | grep mariadb
mariadb-libs.x86_64                   1:5.5.56-2.amzn2                 installed

#mysqlがインストールされているか確認
$ yum list installed | grep mysql

mysqlがインストールできるか確認

mysqlがインストールできるか確認します。

$ yum info mysql
読み込んだプラグイン:extras_suggestions, langpacks, priorities, update-motd
エラー: 表示するパッケージはありません

mysql8.0リポジトリの追加

mysql8.0のリポジトリを追加します。

$ sudo yum localinstall https://dev.mysql.com/get/mysql80-community-release-el7-1.noarch.rpm -y

mysql8.0リポジトリの無効化

mysql8.0リポジトリを無効化します。

$ sudo yum-config-manager --disable mysql80-community

mysql5.7リポジトリの有効化

mysql5.7リポジトリを有効化します。

$ sudo yum-config-manager --enable mysql57-community

mysql5.7がインストール可能か確認

下記のコマンドを実行してmysql5.7がインストール可能か確認します。

$ yum info mysql-community-server

mysqlインストール

下記のコマンドを実行してmysqlをインストールします。

$ sudo yum install mysql-community-server -y

mysqlのバージョンを確認する

下記のコマンドを実行してmysqlのバージョンを確認します。

$ mysqld --version
mysqld  Ver 5.7.33 for Linux on x86_64 (MySQL Community Server (GPL))

MySQLの自動起動設定

下記コマンドを実行してMySQLの自動起動設定を行います。

$ sudo systemctl start mysqld.service
$ sudo systemctl enable mysqld.service
$ systemctl status mysqld.service

最後に

Amazon Linuxだとデフォルトではmariadbがインストールされるようになりますが、MySQLを使用したい場合も多々あると思いますので、今回のMySQLのインストールの手順はしっかり押さえておきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
KoEをフォローする
CodeLab

コメント

タイトルとURLをコピーしました