Angular入門 環境構築〜チュートリアル実装

Angularを色々勉強する機会があったので、その際にまとめた内容をご紹介していきたいと思います。

Angularの環境構築から、チュートリアルを通して最低限のAngularについての知識を習得できるようになると思います。

では、早速まとめた情報をご説明していきます。

Angularの環境構築

MacにNode.jsをインストールする

まずは、Angularの開発環境に必要なNode.jsのインストールについて説明しています。

Angular4の環境構築手順まとめ

Angularの環境構築手順についてまとめてあります。この記事の通りに進めていけばAngularで開発するための環境を構築することができます。

Angularチュートリアル

この記事に書いているチュートリアルをこなしていけばAngularを利用した開発に必要な情報を確認することができると思います。

記事の中ではサンプルプログラムも書いているので、参考にしてもらえればと思います。

完成したプログラムはGithubに公開していますので、そちらも確認してみてください。

環境構築〜アプリの起動

Angularチュートリアルその0 環境構築〜アプリの起動まで

新規アプリケーション作成〜アプリケーションのタイトル編集

Angularチュートリアルその1 新規アプリケーション作成〜アプリケーションのタイトル編集まで

コンポーネントの作成

Angularチュートリアルその2 コンポーネントの作成

一覧の表示

Angularチュートリアルその3 一覧を表示する

コンポーネントの分割(一覧・詳細)

Angularチュートリアルその4 一覧と詳細のコンポーネントの分割

サービスについて

Angularチュートリアルその5 サービス

ルーティングについて

Angularチュートリアルその6 ルーティング

HTTP通信について

Angularチュートリアルその7 HTTP

最後に

以上、Angularについてのまとめ情報でした。Web APIを利用したアプリ開発やAngularCordovaを利用したクロスプラットフォーム開発を行う際に役立つ情報もありますので、今回のまとめに使った記事の方をぜひ確認してみてもらえればと思います。