CakePHPでMongoDBが使えるようになるまで

2017年2月10日

以前、CakePHPでMongoDBを使う機会があったので、その時の手順をまとめてみました。

環境について

設定した時の環境は下記の通り。

  • OS:CentOS 6.x
  • PHP:5.5
  • CakePHP:2.x
  • MongoDB:1.x

yumのリポジトリにmongodb.repoを作成する。

下記のパスにファイルを作成します。

# /etc/yum.repos.d/mongodb.repo

作成したファイルに下記の内容を入力してください。

[mongodb]
name=MongoDB Repository
baseurl=http://downloads-distro.mongodb.org/repo/redhat/os/x86_64/
gpgcheck=0
enabled=1

※baseurlは使用している環境に応じて書き換えてください。

MongoDBのインストール

下記コマンドを実行し、MongoDBをインストールします。

# yum -y install mongodb-org

MongoDB自動実行設定

下記コマンドを実行し、サーバ再起動時にMongoDBが起動するように設定します。

# chkconfig mongod on

PHPでMongoDBが利用できるようにする

php.iniに下記のコードを追記し、MongoDBがphpから実行できるようにします。

extension=mongo.so

下記コマンドを実行し、phpからMongoDBへアクセスできるようにします。

$ /usr/sbin/setsebool -P httpd_can_network_connect 1

※apacheの再起動を忘れずに!!