[Docker]Dockerfileでビルド時に任意の引数を設定する方法(build-args)

Dockerfileでビルドする環境によって変更したいパラメータがある場合にdocker build時に任意の引数を設定する方法を説明していきます。

前提条件

  • macOS Big Sur:11.5.2
  • Docker: 20.10.13
  • Docker desktop: 4.6.1

引数の設定方法

下記のように--build-argオプションで任意の引数の名称と値を設定します。

$ docker build -t sample:1.0.0 --build-arg ARG_VER=stg .

設定された引数の受け取り方

ARGを使用してdocker buildで指定されたパラメータを受け取ることができます。

FROM node:16.13.0 as build-stage

ARG ARG_VER="dev"
RUN echo $ARG_VER

もし、ビルド時に引数が設定されていない場合は、ARG ARG_VER="dev"で指定したdevARG_VERの初期値として設定されます。

最後に

環境に応じて任意の引数を設定することができるので、開発環境や本番環境などの切り替えを同一のDockerfileでできるようになります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です