プログラミング

Angular + NgxChartsを使って日本国内のコロナ(COVID-19)の感染者数を確認できるサイトを構築しました

プログラミング
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

Angularでコロナ(COVID-19)の感染者数が確認できるサイトを構築してみました。

とりあえず、日本国内の感染者数、死亡者数、回復者数が分かるようになっています。

下記のサイトにアクセスしてもらえると内容確認できます。

Covid
スポンサーリンク

データ取得APIについて

こちらのサイトのAPIを使用しました。

Ainize | Launchpad for open-source projects
Instantly run and deploy any open-source projects for free

/jhu-edu/timeseriesというAPIで日本で絞り込んでデータを取得しています。

使用した技術要素

  • Angular 9.1.0
  • Angular Material 9.2.0
  • NgxCharts 13.0.2
  • angular-cli-ghpages 0.6.2

Angularのフレームワークを利用し、デザインはAngular Material、グラフにはNgxChartsを使用しています。

今回はGithub Pages上にサイトを公開するためにangular-cli-ghpagesも使用しています。

グラフの書き方や、Github Pagesの利用方法については後日説明していきたいと思います。

最後に

世界的に影響を与えているコロナウィルス(COVID-19)ですが、少しでも皆さんの情報収集の足しになればと思いサイトを構築してみました。サイトの方は順次機能の追加などを行い、より分かりやすいサイトにしていこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
KoEをフォローする
CodeLab

コメント

タイトルとURLをコピーしました