プログラミング

[AWS]EC2(Amazon Linux)にGoofysをインストールする

プログラミング
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

AWSEC2(Amazon Linux)Goofysをインストールしようとした時に手順通りにインストールすると失敗してしまったので、その対策も含めた手順を説明していきます。

スポンサーリンク

前提条件

  • OS:Amazon Linux 2
  • GO:go version go1.15.8 linux/amd64
  • Goofys:goofys version 0.24.0-use `make build’ to fill version hash correctly

GoofysのGithubの手順通りにインストールするとエラー発生

GoofysREADME.mdにある通りにインストールすると下記のエラーが発生しました。

# go get github.com/kahing/goofys
# github.com/kahing/goofys/api/common
go/src/github.com/kahing/goofys/api/common/conf_azure.go:272:34: accountsRes.Value undefined (type storage.AccountListResultPage has no field or method Value)
go/src/github.com/kahing/goofys/api/common/conf_azure.go:373:35: not enough arguments in call to client.ListKeys
    have (context.Context, string, string)
    want (context.Context, string, string, storage.ListKeyExpand)

エラーの原因

インストール時に、ダウンロードとインストールを同時に行うとエラーとなるみたいです。

対策

ダウンロードとインストールを同時に行うのではなく、ダウンロードとインストールを分割して実行することでエラーを回避します。

Goofysのダウンロード

まずはGoofysのダウンロードのみ実行します。

go get -d github.com/kahing/goofys

-dオプションを追加するとダウンロードのみ実行してくれます。

Goofysのインストール

下記コマンドを実行してGoofysをインストールします。

go install github.com/kahing/goofys

インストールしたGoofysのバージョンを確認する

~/go/bin/goofys --version
goofys version 0.24.0-use `make build' to fill version hash correctly

インストールが正常に完了しました!!

最後に

失敗していた当初は開発元のインストール手順で失敗するとは思ってなかったので、エラーの原因調査にかなり時間がかかってしまいました。もし、AWSEC2(Amazon Linux)を使っている方でGoofysのインストールに失敗している方がいれば参考にしてもらえればと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
KoEをフォローする
CodeLab

コメント

タイトルとURLをコピーしました